岩手の工芸・民芸品 まゆ細工

まゆ細工

まゆ細工

 まゆ細工は、盛岡の村田民芸工房の村田三樹二郎氏が創作した郷土玩具で、今ではなつかしい県産の「まゆ」を材料として昭和四十年から五十年代に生まれた 人形達です。

「まゆ」の持つあたたかさ、素朴さを生かした可愛い人形で、十二支、だるま、河童の起き上がりや、まゆびな、こいのぼり等があり、小さくて、あどけない 表情が好評で近年県外へ販路を広げています。

殊に「まゆ十二支」は人気があり、昭和六十三年全国観光土産品推奨審査会で、「日本観光協会会長賞」を受賞しています。  また同工房は張り子の「けっちゃ面」や「きつね面」、土鈴など数十種を創作。何れもユニークなものばかりです。

  • ※平安時代末期(1100年代)に始まり長い年月を経て今に伝わる岩谷堂箪笥。岩手県産株式会社が総発売元となっています。
  • pecco
  • 採用情報
  • らら・いわてショップブログ
  • いわて銀河プラザショップブログ
  • みちのく夢プラザショップブログ

ショップのご案内